建築設計・建築事務所・建築家・アルクデザイン:オフィスデザイン・事務所設計・世田谷区・中央区・横浜市

建築設計・建築事務所・建築家・アルクデザイン:オフィスデザイン・事務所設計・世田谷区・中央区・横浜市のTOPページへ戻る 建築設計・建築事務所・建築家・アルクデザイン:オフィスデザイン・事務所設計・世田谷区・中央区・横浜市の電話番号
建築設計・建築事務所・建築家・アルクデザイン:オフィスデザイン・事務所設計・世田谷区・中央区・横浜市 の トップページへ戻る
設計可能エリア

首都圏 世田谷区 渋谷区 品川区 港区 中央区 杉並区 狛江市 神奈川県 横浜市 川崎市 鎌倉市
他日本全国

建築設計・建築建築事務所・建築家・作品集・設計事務所・注文・オフィスデザイン・事務所設計・室内設計・住宅設計

このページでは、お問い合わせから竣工までの流れをご紹介します。

1.お問い合わせ
お電話・お問い合わせフォームからお問い合わせをいただきます。打ち合わせをする設計士の高野
事務所またはお客様の自宅でお会いしてお話を伺います。
できれば今暮らしているご自宅でお話をお聞きするのが良いようです。
部屋の大きさや使い勝手のよさ悪さが目に見える形で比較しやすいからです。
そこで新しく建てる家に対するご要望、予算、家族構成、敷地条件などをお聞きします。場合によってはご一緒に敷地を見に行くこともあります。

2.計画案の提示
お聞きしたご要望、諸条件を整理分析します。建築法規等をチェックし、予算に無理はないか、また将来の家族構成等を予測し分析します。
それにもとづきひとつの仮説となるプランをつくります。そして 提示させていただきます。いわゆるプレゼンテーションです。
ここで、アルクデザインに設計監理業務を委託していただくか判断していただきます。

3.設計のご依頼
設計監理業務委託契約を結びます。
上記で提示させていただいたプランが そのまま進むことはあまりありません。上記のプランを見て はじめて気づく問題点があったり、話を詰めていくうちにご自分の要望が実際の生活にあっていないと気づかれたりするからです。また、他のプランも見てみたいというご要望もあったりします。たとえば1階と2階をひっくり返したらどんなプランになるかとかです。

4.詳細をつめる
できた間取りのなかで お客様に想像力を働かせて生活していただきます。朝起きてから夜寝るまで、そして5年後10年後と。そこで不都合があれば修正です。
またご一緒にショールーム等にも行って頂きます。具体的な製品をきめていただく目的でいくのですが、このときお客様がどのようなこだわり方をするのかが見えてくることがありますので私にはとても大切な作業だと思っています。

5.施工者をきめる
建築士は実施設計図書というものを書きますが これは施工者が実際に建物を造る際に必要な情報の入った図面です。これをもとに見積もりをお願いし、出てきた見積もりを予算に照らし合わせて調整します。同時に建築確認申請という手続きをすすめます。建築基準法上必要な手続きです。

6.着工、施工する
予算との調整ができ、施工者がきまると工事請負契約を結びます。そして建築確認申請がおりると いよいよ着工です。
施工途中、設計者は現場監督や職人さんと打合せを行い 図面では伝えきれない部分を詰めたりします。また、建築基準法で決められた検査にも立ち会います。実施設計時に詰め切れなかった設備などをお客様と再度ショールームに行き 決めたりもします。現場の形がつかめる頃には最終的な仕上げの色や材料をお客様と一緒に決めていきます。

7.竣工
建築基準法で決められた竣工検査を受けます。またお客様にも検査をしていただき、必要があれば手直しをし、建物の引渡しとなります。

提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所